« 本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その3 | トップページ | 学校で先生が教える部活はなくなるか 驚きの部活改革プラン »

2017年6月 2日 (金)

本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その4

なんでも自己責任論で済ませるなら国なんていらない

 これは教育理論的にもとんでもない間違いで、浅はかな大人たちがこうして「やり返すことこそが強さ」とか「やり返せないのは弱い子」と教えていることこそが、いじめの連鎖を生んできた。元・文部科学省いじめ問題アドバイザーである小森美登里は『いじめのない教室をつくろう 600校の先生と23万人の子どもが教えてくれた解決策』(WAVE出版)でこのように説明している。

〈「やり返してもいい」と教わった子どもがやり返し、やられた子どももやはり大人から「やり返してもいい」と教わっているので更にやり返します。いじめは連鎖して問題は大きくなり、深刻化していきます。その間、子どもの傷は深くなり、問題解決をも困難にしていきます。
 また「思い切りやり返せばよい」ということでは、解決できません。やられた子どもの心には、大きな傷が残ります。その傷や悔しさ、悲しさ、怒りは、心に争いの種を残し、その種はいつか誰かに向けて爆発してしまうかもしれません。やり返すことで一体何を生み出しているかを、もう一度認識しなければならないのです〉

 しかし、曽野の「自己責任論」はこんなものでは終わらない。そのエッセイはこんな言葉で閉じられているのである。

自殺した被害者は、同級生たちに暗い記憶を残したという点で、彼自身がいじめる側にも立ってしまったのである〉

 極北まで行った「自己責任」論はここまで非情な言葉を生むのである。

 しかしこうした「自己責任論」にとらわれているのは曽野や本田だけではない。今回の本田の発言には、米津のように疑問を投げかける人がいる一方、本田の発言に対して「さすが本田!」「本田の言ってることは正論」などと賛同する声も決して少なくない。

 追い込まれて自死を選んだ者たちは本当に利己的で自分勝手な人たちなのか? 死者にむち打つ行為に走る彼らは、自分がその立場に立ったときのことを少しでも想像してみたことがあるだろうか? 弱く、虐げられた人々を見捨てるだけの国なら、そんな国の存在価値はどこにあるのだろう? 溢れ出す「自己責任」論には、ひとつずつ疑義を呈する必要がある。

(以上、LITERAから転載 了)

ここからは私の感想。

本田氏の「政治のせいにするな」の言い分。

自ら命を絶った人の誰が「政治のせいで私は死にます」と言いましたか、と言いたいです。

「政治のせいにするな」と言うけれど、政治の力でできることもあります。

それで自ら命を絶つ人を少なくすることはできるのです。

たとえば、労働法を改善して働く人の心身の健康を害さないようにしたり、生活を営めるだけの賃金が払われるようにしたりすること。

もし何らかの事情で働けない人達には生活保護を支給するとか、そういったことは政治の力の出番なのです。

つまりは近年蔓延っている、いわゆる自己責任論ですが、自分が被害に遭っている、弱者の側に立っているときに「政治のせいにするな」「自分の責任だ」と自分に言うならば良いのでしょうが、それを他人に押し付けるのはおかしいとしか言いようがありません。

そのような理屈が成り立つならば、それこそ日本に国家も政治もいらないと言っているようなものです。

自衛隊も消防も警察もいらないと言っているようなものです。

もし自分が落とし物をしたら交番に届けるでしょう。それは自分が落とした者を誰かが拾ってくれて、交番に届けてくれたらいいなという期待があるからです。

もし自分が犯罪の被害に遭ったら警察に頼るでしょう。

もし火事になったら119番に電話をするでしょう。

それをもし火事になって119番に電話をして「自分で火事を起こしたのだから自分で消したらいい」と言われたら、どうなりますか?

それこそ、それならば消防隊員はいらないとなるでしょう。

そういうことです。

私たちは自分の力だけで生きているように思いあがりながらも、それでも他人の、あるいは政治の力も必要なのです。

それを「政治のせいにするな」と切り捨てたら、国家も政治もいらないと言っているのと同じなのです。

それと、本田さん、東京オリンピックは開催したほうがいいと思いますか?

なんであなた達スポーツ選手のために私たちの税金使って政治の力で、あなた達の活躍の場を設けないといけないのですか?

オリンピックやりたいならば、政治に頼らずに自分たちのお金でやったらどうでしょうか?

そういうことです。

本田さんに言いたい。「だったら政治に頼るな」と。

 

 

« 本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その3 | トップページ | 学校で先生が教える部活はなくなるか 驚きの部活改革プラン »

宗教・生き方」カテゴリの記事

コメント

自分の意思で未だにマインドレイプしてるのに、それを政治のせいには出来ませんよ?虫が良すぎです。

強制的に受信させられてるわけじゃないでしょ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1859111/70742467

この記事へのトラックバック一覧です: 本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その4:

« 本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教!蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる その3 | トップページ | 学校で先生が教える部活はなくなるか 驚きの部活改革プラン »

最近の記事

無料ブログはココログ